どうぶつ達の声を聞きます

近年の獣医学の進歩は目を見張るものがあります。
しかし検査法や治療薬が発展してくると往々にして“病気”を診ることに傾倒し、その“動物”を診ることがおろそかになりがちです。
そこで当院では物言わぬどうぶつ達とできるだけ“会話”をするように努めています。
常にどうぶつ達への負担を考慮した納得できる治療方針を“ご家族と共に考える”、そんな診療をスタッフ一同心がけております。

今月(4月)のお知らせ

・10日(火)の午後は院長不在となります。

ページの先頭へ戻る